たんぷとん
「メイドさんとお散歩」とかより「貴方を1日、忍者が守ります」っていうのやってほしい。外人さんも喜びそうだし。

Twitter / Isaribi (via chptr22)

なお忍んで居るので襲われない限り見れないし襲おうと企んで居るものは事前に始末される模様

(via tnohito)

昼過ぎのマックにて学生らしき子たち(三人)が談笑してた

A「あ、そろそろ時間だ。わたしもう行くね」と席を立つ
B「え~行っちゃうの~さーみーしーいー(棒読み)」
A「え、あ、じゃあもうちょっといる!?」←座り直す
B「いいよw早く行きなよ!〇〇さん待たしちゃだめだよ」
A「そうねそうねじゃあ行くわ」
B「そして今からAの悪口で盛り上がる」
A「ひどいw」
B「女子のたしなみ、いないひとの悪口を言う」
A「じゃあもうちょっといる!」
B「早く行きなってw」
A「じゃあ本当にもう行くね!今日はありがとうね」
B「今日は大人っぽく且つ可愛い、大人可愛いよ」
A「ありがとう!デート頑張ってくる!」

Cはずっとケラケラ笑ってた
もちろんAがいなくなっても悪口は出てこず和やかに談笑してた
穏やかな昼下がりだった

どん兵衛のきつねを「お湯に浸からねー」とか言ってわざわざ麺の下に置く奴がいるけど
あれは蒸気で蒸してふっくら仕上がるようになってるからあのままでOK

電網辻々噺: きつね (via mcsgsym)

まじか!!

(via appbank)

「素手で便所掃除をする」
「電卓で計算してExcelに記入」
「ネットの無い時代に河原で捨てられたエロ本を拾う」

これらにより人間力がアップする

Twitter / subnacchi (via igi)
私が大学受かった時にうちの非道な父親が言った言葉。「よく頑張ったんだな。しかしよく覚えておけ。おれはお前が頑張ったかどうかなんてのは知らないけど、受かったからそう言うんだ。世の中は結果でしか判断しないもんだ。お前が落ちてたら頑張らなかったんだと思われる。」あながち嘘でも無い。
Twitter / 梅田友彦 (via otsune) (via hageatama) (via bardiche-side-b) (via quote-over100notes-jp) (via vmconverter) (via gkojax) (via jumitaka) (via precall) (via 908908) (via daizydaizy) (via nashi-kyo)
ボクの授業、みんな眠くなっちゃうみたいだから、どうしたらいいんだろうと思って、自分の授業録音して家で聞いたらね、寝ちゃった。 #教師に言われた衝撃的な言葉
奨学金という学生ローンが無利子だからと文部科学省が威張っていることについて、赤木智弘氏はtwitterで、デフレ経済の下では返済額を減額しないと利子が付いているのと同じ、と指摘している。その通り。
acqua:

Twitter / Rebeccarebee: http://t.co/oKHZOPB5jJ
諸事情で1ヶ月以上オナ禁したときはちょっとした刺激ですぐフル勃起していろいろと大変であった。平成十七年大相撲秋場所でおっきしたときは死にたくなった。[904SH]

Twitter / めいぼうじん

なんすか「諸事情」て。

(via derutcarf)

もう勘弁してください。なんで未だにダッシュボードに流れてくるんですか!

(via maybowjing)

(via otsune)

(via kouma) (via lesondes) (via hazime1373) (via petapeta) きのうだかcxxさんのながしてためいぼうじんくたばれってのをみてめいぼうじんってだれだったっけとおもってたのだけど、ああ、おな禁力士でフルおっきのひとだったか、と。 (via kml) だから、何で未だにダッシュボードに……orz (via maybowjing) 忘れちゃいけないことがある。 (via hogelog) (via cxx)

(via petapeta)

久しぶりに流れてきて嬉しい限りです

そろそろ殿堂入りpostに認定してもいいんじゃないかな Tumblrある限り永遠に流れ続けるだろう

(via yaruo

)

もうこうなったらダッシュボードで流れてたりエゴサーチに引っかかるたびにreblogしてやる。

(via maybowjing) (via kittymint) (via tksa4883) (via tagkaz) (via uessai-text) (via tokada) (via takeori) (via hageatama)

(via lunaryue) (via azazel-kode) (via etecoo) (via petapeta)

新参tumblristへの啓蒙が必要だもんで

(via yaruo) (via fukumatsu) (via sanmorishi) (via iori) (via iori)

あけおめことよろ

(via lunaryue) (via iori) おめことか卑猥なこと言うのやめてください。 (via maybowjing) (via reretlet)

めいぼうじんさん、あけおめーことしもよろしく

(via sander786) (via fukumatsu) (via oosawatechnica) (via kml)

(via tiga) (via tnoma) (via kashiyukalove, jumitaka)

(via carandache) (via pipco) (via maybowjing) (via budda) (via ssbt) (via makototz)

(via ipodstyle) (via yaruo)

(via tetsujin28mm)

「気になる人は「めいぼうじん 秋場所」などでググってみましょう。」

(via gkojax) (via i-me) (via darylfranz

)

めもめも

(via xlis)

(via ltzz)

(via tsutsumiwat) (via mugen8764) (via seawalk) (via k32ru) (via colonelmuska) (via johnnychallenge)

メリークリスマス 来年もよろしくリブログ

(via pipco) 不幸の連鎖は今年中に断ち切りましょう。 (via maybowjing)もうすぐ4000rblgですね

(via aobouzu) (via ohmomo) (via fukumatsu)

4000rblg越え御目出度う御座います。
今年中に断ち切るのは無理なようですね。

(via amaisaeta) Reblogされるたびに5セントもらっていたら今ごろ俺は。 (via maybowjing)

明けましておめでとうございます。2011年もよろしくお願いします。

(via hisaruki)


2011年早々にこれを見られるとは思わなかった。幸先の良いスタートだ。

(via plasticdreams

)

お,こりゃめでたい.2011年もよろしくお願いします!

(via hageatama) 何がめでたいんだふざけんな何も明けてねえよ暗い過去しかないよ今年もよろしくお願いします。 (via maybowjing) (via happywing) (via ta-bop2nd)

(via norick)

(via tnoma) (via 0shun) (via toyolina) (via femm) 今年度もよろしくお願いします。 (via himmelkei) 新年度二日目に人事と人形屋さんで遭遇しましたが僕は今日も元気です。 (via maybowjing) (via himmelkei)

オフ会の場では「未だにreblogされ続けてイヤイヤ」みたいなことを言ってたくせに自らすすんでreblogする誘い受けドMそれがめいぼうじん。

(via rarihoma) (via himmelkei)

もう夏ですね。お元気ですか。

(via halcana)

(via hypersoliddimension) (via musashi0129) (via himmelkei) (via sierra7) (via al76)

目指せ7,000rblgといったところか

(via feinyao) (via precall) (via jumitaka

)

7000越えおめでとうございます

(via himmelkei)

(via oyaki) (via ta-bop2nd)

(via oyaki) (via himmelkei) (via musashi0129) (via cho-co) (via darylfranz) (via shocho)

(via airget-lamh)

(via hypersoliddimension) (via strangerxxx) (via ichihana) (via komatz) (via chinpol) (via hatsuneya-mikuzou)

8000notesまであと20!!

(via hisame) (via twinmaikosyu) (via pirozhki) (via hkdmz) (via teokure)

(via poochin) (via pirozhki)

(via kitofuyu)

(via hcm-pri) (via ov19) (via a2onaka) (via usaginobike) (via lovecake)

(via noritak99) (via aki373) (via y-haruka)

もうすぐGWですね。

(via mesotabi) (via hkdmz) (via mokolove) (via mametora) (via syumari)
136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/31(日) 19:18:30.40 ID:I7ZKM6/G0
インタビュアの質が下がりまくってる

聞いているこっちがハラハラする

「狙うメダルの色は?ずばり?」
何いってんだこいつ
2012年09月22日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、
南海キャンディーズ・山里亮太がゲスト出演していた。
そこで、南海キャンディーズが不仲だったことについて語っていた。

吉田「ピンも仕事があると、コンビでの仕事がでけへんやろ?
    だから仲が悪いのかなぁって思ってしまうんやけど」

山里「正直、めちゃくちゃ仲が悪かったです」

吉田「いつくらい?」

山里「これ言うと、多分みなさん引くと思いますけど、仲良くなったのは、
    しずちゃん(山崎静代)がオリンピックを目指し始めた頃です」

小杉「えぇ~めっちゃ最近やん」

吉田「ほんなら、アイツがオリンピックに行くってことになったときは、やっぱり仲が悪かった?」

山里「正直、仲が悪かったです。それは全て、僕のダメな嫉妬なんです」

吉田「しずちゃんに嫉妬してたん?」

山里「僕はコンビ結成してから、何をやっても僕の前を走ってキラキラ輝き続けるしずちゃんが、
    本当はありがたいと思わなきゃいけないんですけど、途中からムカついてしょうがなかったんです。
   『なんでこの子は、なんも準備しないで、こんなに準備した僕の前を走っていくんだろうか』って。
   『今日は、この子がほめられて終わった。でも、この子が今日喋ったことは、
    僕が前から用意してたヤツだ』っていう、そんなのコンビとしては当たり前なんですけど、
    それがイヤな時期がずっと続いて」

吉田「へえ」

山里「それで、あの子が自分の才能でいろんなものを勝ち取っていくんです。
    映画とかドラマとかそれで、自分は女の子だから、髪の毛を茶色くしてみたりしたい。
    でも、僕は自分のイメージからしずちゃんがズレることを極端に嫌ってたんです」

会場「へぇー」

山里「僕は、しずちゃんは得体の知れない変わった女の子だって思われてる方が、
    南海キャンディーズとしては絶対に良いって思ってたんです」

小杉「お前は”トトロ”やって思ってるからな」

山里「そうです。トトロが、へそピアスしたらイヤでしょ?」

小杉「おかしいよ」

吉田「エクステとかな」

山里「だから、そういうのをするなって僕は強要してたんです。
    あるロケで、男性の鼻の大きさと股間の大きさは比例するのか、みたいなロケをやってたんですけど、
    しずちゃんが街の男の人の股間を、やたらめったら触る、と」

小杉「はっはっはっ(笑)なんちゅうロケやねん(笑)」

山里「それで、鼻を見て『違うな』っていうロケをやってたんです。
    それで、それが終わったときに触った相手に、謝りに行ったんです」

小杉「うん」

山里「『先程はすいませんでした』って。それに対して、
    僕は『謝らないで。しずちゃんは、男性の股間を平気で触って、ヘラヘラしてる人なんだ。
    謝るんだってことだったら、普通の人じゃん。しずちゃんは、モンスターなんだから、
    普通のことをしちゃダメじゃん』って言ったら、
    しずちゃんがたった一言、『私は人間だ』って言ったんです」

吉田「あぁあぁ(笑)」

小杉「なんやそれ。ハリウッドのホラー映画やんけ」

吉田「ふははは(笑)」

山里「そっから心を閉ざしてたって思ってたんです。僕の言うことの反対をやるし」

小杉「反発やな」

さらに、以下のように語っていた。

山里「僕のアドバイスを絶対にしないで、真逆のことをする。
    それでも評価されて、映画が決まる。映画がきっかけで、色んなCMも決まる」

小杉「シャンプーのCMもやってたね」

山里「すごいですよ。『可愛いは作れる』って。
    俺はそのCMのたびに『作れてねぇよ』ってずっと言ってたんです」

小杉「やめろ(笑)」

山里「そういう時期がずっとあって、しずちゃんも僕のことを、嫌いだって思ってたんです。
    それは嫌うでしょ。そんなことを言う人なんて」

小杉「うん。それで、仲良くなるきっかけは?」

山里「オリンピックを目指しているときに、ドキュメントとか密着を観るわけです。
    しずちゃんが頑張ることによって、僕もしずちゃんに目を向け直してみようって思って」

小杉「うん」

山里「しずちゃんの周りの人から、色んな話を聞いたんです。
    聞いたのは、先輩とかが、僕のヒドイ行動とかに対して、
    しずちゃんに『あれはあまりにも山里はヒドイ』って言ってたと」

吉田「あまりにも人間扱いしてない、と」

山里「『あいつはちょっとオカシイ。ヒドイな』って。
    僕もお世話になってるメッセンジャーのあいはらさんが、
   『すまんなぁ、山里はクズだから。お前に凄くイヤな思いをさせてる。でも、我慢したってな』
    って言ってくれる先輩がいっぱいいたそうなんです。
    そういったことがずっと続いてて、その時に先輩全員から聞いたんですけど、
    しずちゃんはたった一言だけ言ってたそうなんです」

吉田「うん」

山里「『分かってます。私は山ちゃんに見つけてもらったんで、解散はしません』って
    ずっと言い続けてたそうなんです」

吉田「へぇ~」

小杉「色んな先輩が『ごめんな、山里が』って謝っても、しずちゃんは全員にその答えを返してたの?」

山里「全員に、『私は、山ちゃんに拾ってもらったんで、解散は絶対にしません。
    山ちゃんが怒るのもわかるんで』っていうのを、全員に言い続けて、
    2005年から6年以上、ずっと僕のことを陰でかばい続けてたんです」

吉田「へぇ~」

小杉「周りの先輩が『山里最低や』って言ってても、かばってくれてたんや」

山里「はい。『山ちゃんはああ見えてても、ちゃんと私を演出してくれてるんです』
    って言ってくれてたんです。だから、それで『あぁ…』って思って。
    実際問題、僕がこうやってテレビに出させてもらっているのも、気づけば、
    “南海キャンディーズの”山里が出てるんです」

吉田「うん」

山里「でも、その南海キャンディーズって名前を覚えてくれる場所、
    みんなが南海キャンディーズの名前に触れてるのって、
    新聞とかでしずちゃんが何かをやり続けてたからなんです。
    オリンピックを目指すのも、フラガールで賞を受賞した、主演が決まった、ドラマがある、
    っていうのが毎回新聞が出るたびに、あの子はずっと”南海キャンディーズ”のしずちゃんって言って、
    南海キャンディーズがずっとこの世界にいますよって出し続けてくれてたんです」

吉田「ほぅ…」

小杉「”山崎静代”じゃなくて」

山里「そうなんです。いつだって山崎静代って言えたんです。
    フラガールだって、あの子の意向で山崎静代(南海キャンディーズ)ってテロップが書かれたんです」

吉田&小杉「へぇ~」

山里「それを今回の2012年に、オリンピックによって知ったときに、
   『あぁ…それは俺、ダメだ』って思ったんです(笑)」

ブラマヨ・小杉「あちゃちゃ~」

山里「あちゃちゃ~」

小杉「先輩にかばってたっていうのを知ったのは?」

山里「それは、僕がしずちゃんの愚痴を言ったときに、先輩が僕に怒りながら言ったんです」

小杉「はっはっはっ(笑)『お前、愚痴なんか言わずに聞け!』って?」

山里「はい。胸ぐら掴まれて、『もう我慢でけん。えぇ加減にせぇよ!お前』って。
   『なんですか…あっちは、俺の書いた台本でウケてるのに、感謝がないでしょうが』って言ったら、
   『死ね、クズ』と。それで『しずちゃんがお前のことを庇って、なんて言ってたか知ってるか?』って」

吉田「それで、変わったの?接し方も」

山里「変わりましたね」

吉田「じゃあ、もう仲良く」

山里「そうですね。今まではしずちゃんのやってることは、観ないようにしてたんです。今までは。
    コンビのためじゃないことをやってる人だって思ってたんです。
    …たぶん、自分でこういうことをコンビで言うのは恥ずかしいんですけど、今が一番仲が良いんです。
    南海キャンディーズ史上」

小杉「ボクシングをやって気づいたことやもんな」

山里「はい」

吉田「凄いね。もう山里ができる恩返しとしては、レフェリーの免許とって、
    しずちゃんの試合をしずちゃん有利に裁くことやな」

山里「そうですね。世界を敵に回すようなミスジャッジして」

小杉「しずちゃんの頑張りを、世紀の凡戦にしてしまうから(笑)」

山里「しずちゃんがダウンしてるときに、ずっとよそ見して」

小杉「コントやん。完全にボクシングコントやん(笑)」
良いSF作家はクルマについて書き、素晴らしいSF作家は交通渋滞について書く
今週の週刊文春「人間は一度手にした文化を捨て、産業革命以前の晴耕雨読の暮らしに戻るべきではないでしょうか」という40代主婦の意見に対し、伊集院静氏が「産業革命以前は農民は重税に喘ぎ、殆どが文盲で晴耕雨読なんて暮らしじゃない。バカか」とバッサリ反論。すっきりした。
会社の女の子がいつもシュシュで髪を結んでて、
昨日「なんか脱いだパンツで結んでるみたいだ」と言ったら「疲れて頭おかしくなってるんじゃないですか」とゴミを見るような目で言われたんだけど、
今日呼び止められて「今日は水玉のパンツですよ」と言ってくるりと回ってくれたので元気出ました。
ワタミが最低賃金ぎりぎりしか給料を払っていないことを共産党が指摘したとき、「違法じゃないんだ、何が悪い!」という声がけっこう多くてびっくりしたが、こういうことを労働者側が言う国は世界的に珍しいんじゃないかな。こう書きこんだ人がみんな社長とかオーナーとかいうんだったら話は別だけど。