たんぷとん
生まれたときに喜びツイートをしていたのかは覚えていない。けど。
最近「子供がうるさい」「妻がうざい」「恋がしたい」というようになって。
前ふたつはまぁともかく、恋って何だ既婚者。
そしてついに「子供が寝てくれない。夜泣きつらい。頼みもしないのに妻は寝ている。」っての読んで。
もぅムリ。。。マヂ病み。。。と思ってそっとアンフォローしたわけです。
夜泣きくらい承知の上で子供をつくったんじゃないのかとか。
昼間子供の面倒を見て疲れている妻が、夜寝てはならんのかとか。
読むたびつらくなった。
生きていく上で、お金より大切な物は沢山あるけど、お金より必要な物はないでしょう?

自転車に乗る時のマナーが問題になっている。とにかく、自転車に乗る人の多くは、ルールを守る気がないようで、車を運転していて、危なくてしょうがないのである。

近所でよく自転車とすれ違うのだが、右側通行をする自転車がやたらと多いような気がずっとしていた。ただこれは、ルール違反をしている自転車の方が印象に残りやすいので、実際には右側通行は少数派なんだろうと思っていたのである。ところが、そうじゃなかった。

この 3〜4日、意識して観察してみたのである。すると、すべてを観察することが不可能な大通りは別として、生活道路と呼ばれるレベルの幅の狭い道路では、なんと、見かけた自転車が 100%右側通行だったのである。

くどいようだが、100% ということはつまり、1台の例外もないということである。老若男女に関わりなく、じいさんばあさんから子供に至るまで、少なくともこの近所の狭い生活道路では、きちんと左側通行している自転車は皆無だったのである。年齢に関わりないから、徐々にまともになると期待することもできない。

若い子の乗った自転車は、細い道を左側通行しているこちらの車に、平気で真っ正面から向かってくる。オカンやじいさんばあさんは、右側通行のまま、道ばたに止まってすれ違うのを待つ。止まって待つぐらいなら、まともに左側通行すればいいのに、気が知れない。

それに彼らは、サドルに腰を下ろしたままではなく、自転車から完全に降りて側に立つので、必要以上に幅を取ってしまう。ただでさえ邪魔なのに、こちらはずいぶん大げさに避けてあげなければならなくなる。

先日は丁字路で、こちらが左折したくてウィンカーを付けているのに、右側通行してきたオカンの自転車が丁字路のど真ん中で、こちらが左折する進路をふさいで止まってしまい、いつまでも動かないので、お見合いのまま動けなくなってしまった。あの人たちは、自分がルール違反をしても、いざという時には停まりさえすりゃいいいう了見違いをしている。

その数日前は、狭い道で対向車とすれ違う時に、前から右側通行してくる高校生ぐらいの男の子の乗った自転車がいるので、こちらは一時停止せざるを得なかった。そして対向車が行ってしまってからも、その自転車は私の車の目の前に呆然と止まっているので、こちらは発車できない。

むこうはこちらが大きく道の真ん中に避けて発車するものと思っている。自分はあくまでも右側通行し続けたいようなのだ。ちょっとぶち切れて 「お前がどくんだろ!」 と怒鳴りつけてやると、恐れをなしたように左側に移動したが、あいつ、もしかしたら自分がどうして怒鳴られたのか、理解できていないかも知れない。

夜間の無灯火については、だいぶ前にも書いたことがある。この辺りはかなり田舎っぽいところで、夜には真っ暗になるのだが、そんな暗くて細い道を、無灯火で右側通行してくる自転車には、本当に驚かされる。「そんなに死にたいか!」 と言いたくもなるのである。

私も高校時代まで過ごした田舎では、自転車に乗りまくっていた。しかし杓子定規なまでに左側通行を守り、夜にはライトを付けていた。遵法意識というより、無駄死にしたくなかったからである。自分の身を自分で守らずに、誰が守るというのだ。

この辺りの自転車乗りの意識はかなり遅れているようで、ヨーロッパのように自転車がきちんと生活にとけ込むには時間がかかりそうな気がしている。意識の高い自転車乗りもいるにはいるのだが、本当に彼らが気の毒になってしまう。

自転車のマナー: tak shonai’s “Today’s Crack” (今日の一撃)

右側通行の原付きバイクにクラクションを鳴らされたことがあります(こっちは左側通行の自転車)。「なんで鳴らしたの?なんで無灯火なの?なんで右側通行なの?」とまくし立てると、「女の子を大事にしなさい」だって(笑)。ですが、どう見ても50代以上、それは「女の古」だろ(笑)。面倒なので、たまたま通りかかった警察官にドナドナしてもらいました。

(via bochinohito)
大体方言で喋る女の子は可愛い(偏見

記憶を思い出すとは?


多くの人が、記憶とはビデオテープやコンピューターのメモリのようなものだと考えています。また、記憶を思い出すとは、テープのように記憶を再生することであり、記憶をありのままに思い出せるかどうかは、思い出す能力にかかっているのだと信じられています。

しかし、人間の記憶とはそういうものではありません。あなたが何かを思い出す時、脳は神経細胞間の結合を「再配線」しているのです。文字通り、脳の構造を書き換えています。人間の記憶は、ビデオの再生というよりは、ビデオの編集に似ています。何かを思い出す時、あなたは再現し、書き換え、再記憶しているのです。おそらく、記憶は思い出すたびに新たに書き換えられています。

最新の研究によると、悪い記憶を意図的に編集して、その記憶に結びついている悪い感情を取り除くことが可能なのだとか。この新しい記憶セラピーは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療に使われています。


記憶は「編集」できる


あなたの態度と行動(あなたを成功に導く2つのこと)は、記憶から大きな影響を受けています。例えば、過去に大きな痛みを伴う経験をすると、よりリスクをとることを避けるようになります。たとえ、失敗する可能性が少ないとわかっていてもです。

同じように、過去に成功体験があり、それを肯定的な記憶として鮮明に覚えていれば、同じ成功体験を繰り返すべく行動をとるようになります。

この研究は、次のことが可能であるのを明らかにした点で、とても重要です。

  1. 悪い記憶を編集して、行動への恐怖心を取り除く。
  2. 良い記憶を編集して、さらに前進する力を得る。

言い換えれば、成功するために脳を再配線できるということです。


悪い記憶を弱める方法


今回紹介する方法は、作家でモチベーショナル・スピーカーのアンソニー・ロビン氏が過去20年間教えてきた方法とほとんど同じです。

悪い記憶から毒の牙を引き抜くには、その記憶を意識の中に置いて、それが小さく、薄くなっていくところをイメージします。小さな白黒TVを見ているかのようにです。

記憶を和らげるディテールも加えます。例えば、プレゼンをしくじった時の記憶なら、聴衆全員(小さな画面に映る、小さな聴衆たち)に、ピエロの服を着せてしまいます。

これを5~10回行えば、悪い記憶で心を乱されなくなります。むしろ、プレゼンのことを思い出すと、おかしくて笑いがこみ上げてきます。あなたは文字通り、脳の配線を書き換えたのです。


良い記憶を強化する方法


良い記憶をさらにパワフルに、やる気がみなぎるものにするには、逆のことを行います。良い記憶をできるだけイキイキと鮮明に思い出してください。巨大なIMAXシアターで、最高のサウンドシステムで映画を見ているように。

その状況であなたが経験した素晴らしい感覚を、臨場感をもって再現し、増幅してください。これを5~10回行えば、ただの幸福な記憶が、強力なモチベーションになったことがわかります。記憶を再体験するほど、同じことを現実でも再体験したくなります

「かわいそうだから救済する」というのは、「かわいそうに見えない人は救済しない」ということですから、そういうふうに見えない人、共感できない人は放置するということになる。
最寄りの交番の電話番号は

自分ちの電話番号の最後の四桁を0110にした番号

例えば自宅が0876-54-3210なら
876・54・0110となる

豆知識な

>>都道府県によって多少違うみたい。。。 http://d.hatena.ne.jp/konaze/20080615/p1
「責任」というのは、「他人のしでかしたことの尻ぬぐいをする」という意味だ。責任者になるっていうのは、誰かを助ける力を得て、それを行使するということに他ならない。だから大学生になって自己責任の世界に入るというのは、大人の助けを借りなくても、自分の力で(自分を含む)誰かを助けられるようになるということなのだ。
東京ってめっちゃ地味な見た目の女子高生がスカート短かったりして、戸惑うな……すごい装飾過多なゴス服着てるのに黒髪スッピンでメタルフレームのメガネかけてる、首から上と下でテンションがまるで違う女の子を見た時と同じ違和感
Twitter / totsuno (via chptr22)
エアコン事件を乗り越えた1人暮らしの学生が今度はちゃんとブレーカーを落として帰省したっす
二週間後、自分のアパートに戻るとそこには涙で床を濡らす冷蔵庫の姿が
ちょっと怖い話するっす
1人暮らしの学生が帰省から二週間ぶりに自分のアパートに戻ったっす
そこには主のいない部屋をしっかり涼しくしてくれていたエアコンの姿が
早朝、大学内にて。1年記念で彼氏にもらったばかりの指輪を側溝に落としてしまった。
石の蓋だから動きそうなのに、重くて1人じゃどうにもできなくて、泣きそうになっていたら
もうすぐ定年のおじいちゃん教授が通りかかって「おはよう!何で地べたに
座ってるのかな?(スカートの)中が見えそうですよ!」と話しかけられた。
事情を説明したら、教授は持ってた書類?とかを地面にポイッと放り投げて
年齢に似つかわしくない動きで蓋をズラしてくれた。パワフルだった……。
お礼を言って、「これから講義じゃないんですか?」と訊くと、
「僕はいつも遅れて行くから問題ないんだよ!それじゃあねー!」と言って
さっさと行ってしまった。すごく嬉しかった。喋り方も優しいほんわかした教授で、
あんなに力があるとは思わなかった。夕方、お礼がてら研究室を訪ねたら、
「じゃあお礼にお茶でも付き合ってくださいね」と言ってコーヒーを出してくれた。
どこまでも優しいおじいちゃん教授でした。定年でいなくなっちゃうのが寂しいです。
なんだかんだでラプラス乗りたいと思ったやつは多いはず
「女性は外で働かず、家にいるべきだ」と言う偉い先生方は、飲みに行ってもホステスがいず、病院行っても女性看護士がいず、ニュースを見ても女子アナがいず、風俗行っても相手は男性、洋画を観ても吹き替えは全部男性、老後に介護してくれるのは男性のみでいいんだろうな、やっぱり。

725 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:08:14 ID:gmisH6qQ0
中学卒業間近のある日。
授業(自習?)かなんかで、
今まで世話になった人に手紙を書きましょう みたいな
よくわからん時間があった

周りのヤツ等は友人や部活の顧問に一生懸命書いてた
自分は最初は「今どき手紙かよ」と思って馬鹿にしていたけど
なんとなく書かなきゃいけないような気がして
半年前くらいに死んだじーちゃんに手紙を書いた。
まぁ届くはずがないんだが

最期の時、意識もない寝たきりだったじーちゃんに伝え切れなかった
感謝の気持ちと、高校の制服姿を見せたかった気持ちを
手紙にありったけ込めて、俺はばーちゃんちに向かった


726 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:31:32 ID:gmisH6qQ0
»725続き

普段はろくに顔もみせないダメなヤツなのに
ばーちゃんは笑顔で迎え入れてくれた
俺は奥の方の部屋にある仏壇に手紙をそっと置いて
手を合わせてその日は帰ったんだ

それから数日たって珍しくばーちゃんが家に俺を訪ねて来た
「○○ちゃん、おじいちゃんから返事がきたで」
さらっと言ったもんだからすげービックリしたけど
とりあえず受け取って、ばあちゃんが帰った夜おそるおそる読んでみた

便箋は二枚、内容は
俺の身を案じている事と、俺のじいちゃんへの感謝は日ごろから伝わっていた事と
お前の制服姿は誰よりもキマっている と、
枕元で一生懸命色んな話をしてくれたのに返事もしてあげられなくてすまない
という感じだった

二枚目を見ると
「お前の夢は叶う」
とでかでかと書かれていた

追伸には「ばあちゃんに代筆を頼みました」と震えた字で記されていて

じいちゃんが書いたのか、婆ちゃんが書いたのか

そんなのは関係なしに その日は涙が止まらなかった